最前線★ドレス通販サイト6選

HOME > ドレスについて > レンタルドレスを利用するメリットとデメリット

レンタルドレスを利用するメリットとデメリット

レンタルドレスと言いますのは、イメージできるように披露宴もしくは二次会などのフォーマルな機会に適したドレスを数日間借りることです。
花嫁のウェディングドレスであるとかお色直しに特化したドレスはレンタルされるケースが多いですが、同じ様にゲストのための衣装も貸衣裳ショップを活用することによってレンタルすることができます。
近頃では実際の店舗に出向いて行かなくとも、インターネットを利用して手っ取り早くレンタルすることができるショップも随所に広がっています。
ドレスを借りるメリットは複数あります。
ドレスを買い入れるとなるとブランドにも影響されますが一般的に考えて1万円から数万円のコストがかかります。
しかしながらレンタルならば、2泊3日でレンタルしても数千円でこと足りることが多いので、1回のコストは相当安価にすることができます。


あらためていうまでもなく、ドレスを買い入れるケースでは、何回か着用することが前提条件という人が大部分だと言えます。
しかしながら、写真を見返した際に常に同一のドレスを身に付けている自分自身の姿に対して複雑な感じになるかもしれません。
レンタルドレスでしたら、一回ごと異なるドレスを着こなすことができます。
また、レンタルドレスのお店ではトータルコーディネートが出来るようにバッグ並びにシューズも準備してあるところが非常に多いので、社員と相談しながらセレクトすることが可能です。
そして、平常ならハードルが高いブランドのドレスをレンタルすることができます。
買い入れるとなると高い金額で容易ではないけれど、数日間のレンタルならば希望のハイブランドのドレスを借りることができます。


レンタルドレスは、デメリットも複数あります。
不特定多数が着用して、クリーニングを重ねているドレスですから、生地そのものが色褪せることがあります。
また、インターネットレンタルは役立ちますが、手にして見ることが可能な実際の店舗で試着してみるのがお勧めできます。
加えて、買い入れたドレスは着用する回数が多いほど一回あたりの着用単価はダウンします。
何回も着用するのであればレンタルに比べて安くなることもあります。
しかしながら、同一のドレスを着用する場合は、ヘアースタイル並びに小物を活用することによってコーディネイトして雰囲気をチェンジする創意工夫が必要不可欠です。
それから、ドレスを買い入れた場合、結婚式が終了すると状況に応じてクリーニングに出し自宅で保管するのみとなりますが、レンタルドレスのケースでは、レンタル料を支払い、ドレスを返却するなどの手数が要ります。

次の記事へ

カテゴリー

上へ戻る